【初心者必見】ブログ記事の書き方に悩んでいませんか?記事を書くコツを紹介します!



ブログ記事の書き方に悩んでいませんか?

ブログ初心者

ブログを始めたけど、記事を書くことは苦手だし、
そもそもどういうふうに記事を書いていけばいいのか
わからない・・・

初めてブログを運営するとなると、何から書いていいのか、
どういうふうに記事を書いたらいいのか、悩む人が多いかと思います。

今回は、そういった初心者ブロガーの方に向けて
記事の書き方を紹介していきます。

クリックしたくなる記事タイトルや説明文の書き方

記事タイトルの付け方

記事タイトルは短すぎず長すぎず30文字以内で書きましょう。

コツとしては、ユーザーが検索エンジンで調べる際に
入力するキーワードを記事タイトルの中に入れて、
検索しているユーザーの悩みを解決するような記事タイトルにすると
クリックされる確率が上がりますので、
意識して記事タイトルを付けていきましょう。

※検索エンジンとは、
GoogleやYahoo!などインターネット上にある情報を検索する機能のこと。

ディスクリプション(メタディスクリプション)書き方

ディスクリプション(メタディスクリプション)とは、
ホームページの説明文を検索結果に表示させるために設定するmetaタグのことです。
簡単に言えば、検索した際に出てくるタイトル下の説明文のようなものです。

ディスクリプションは、
だいたい150文字以内で検索キーワードを含めて設定するといいでしょう。

記事タイトルの他、ディスクリプションにも検索したユーザーが知りたいこと、
悩んでいることを書いておくことによって、クリックされやすくなります。

ブログ初心者でもできる上手に記事を書くコツ!

ある程度テンプレートがあると書きやすい

記事を書く際に、ある程度テンプレートがあると書きやすいです。
例を出しますので、ご参考いただければと思います。

テンプレートの例
  • 導入文

    記事タイトル
    導入文

  • 記事本文

    見出し1
    記事内容1

    見出し2
    記事内容2

    見出し3
    記事内容3

  • まとめ

    見出し
    記事内容のまとめ

下記順番に説明してきます。

導入文

導入文は、ユーザーが記事を開いた際に一番最初に見る部分ですので
とても重要な役割を持っています。

知りたい情報がありそうかどうか、読むことによってどんなメリットがあるのかなど
この導入文によって、次の記事を読んでくれるかどうかの境目になります。

ユーザーがなぜこのキーワードで検索をしたのかを考えて
ユーザーの気持ちになりながら導入文を作成するといいでしょう。

記事本文

見出しと記事の内容を一致させるように書くことが大事です。

内容を書いていると、どんどん話がそれていってしまい
結局何が言いたかったのかわからなくなり、
もやっとした終わり方になってしまいます。

これでは、ユーザーもスッキリしません。

伝えたいことは的確に伝え、
ユーザーにとって、問題解決につながるような記事を意識していきましょう。

まとめ

記事タイトルや導入文などで、
検索したユーザーの悩みを解決するように書くと言いましたが、
まとめの部分でも再度ユーザーに伝えてください。

復習するような感じで、箇条書きにするとわかりやすいかと思います。

キーワードありきで記事を書く

先ほど、
記事タイトルやディスクリプションに「キーワード」を含めるとお話ししました。

「ユーザーが検索するキーワードって、どうやって調べたらいいの?」

そういった方がいらっしゃるかと思いますので
キーワードを調べるおすすめの無料ツールを紹介します。

ぜひ、お役立てください。

「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」を調べて悩みを解決してあげる

記事を書く際に、「どんな内容を書いたらいいんだろう」などと
悩んでしまったときはありませんか?

先ほど紹介させていただいた
「ラッコキーワード」のツールでは、キーワードを検索し「Q&A」を選択すると
「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」が表示されますので
どういったことで悩んでいる人がいるのかを知ることができます。
その悩みを解決するように書くこともおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
再度、まとめていきましょう。

テンプレートの例
  • 導入文

    記事タイトル
    導入文

  • 記事本文

    見出し1
    記事内容1

    見出し2
    記事内容2

    見出し3
    記事内容3

  • まとめ

    見出し
    記事内容のまとめ

ユーザーが悩んでいる疑問に対して、しっかりと答えられているかどうか
検索して見にきたユーザーの目線に立って、
記事タイトルや記事内容を書いていくことがとても重要です。

まとめ部分を書く際は、再度、
ユーザーの問題を解決したことや大事なことを伝えるといいでしょう。

また、ある程度テンプレートがあるだけで、記事が書きやすくなったりと
時間の効率にもつなげることができます。

記事作成の際のご参考にしていただけると幸いです。